The Day He Went Away

旅、ビジネス、読書、節約や健康について書いています。

私の「時間」に真摯に向き合う3ルール

2018年8月16日朝に時間の使い方について宣誓すること…。

 

1.目的ではなく、過程が全て

逆説的ですが、目的を達成するために行動するのではなく、過程こそ全てであると意識する。

走った、という結果に満足するためでははなくて、走っているという過程こそ今の自分の全てだと考えること。

 

2.とにかく考える

時間の使い方は即ち決断の時間。目覚めていても寝ていても、心臓が動く限りは脳は働く。

選んだ選択が最善のものかはわかりません、

状況がどれだけ複雑であっても、究極的には二択でしかないのです。やるのか、やらないのか。

どの選択をし、どの選択を切り捨てるべきかを考える事。

 

3.目的が一つであること

今、その時間における目的がただ一つあること。

目的のポジティブさネガティブさ、崇高さ軽薄さに関係なく、少なくともその一瞬一瞬においては、その目的を達成するためだけの存在であること。

ふと思い立って松本城を見るために長野へ旅してきました

朝4時に起きた時、まずとにかくお城を見たいと思い、前日に何もプランは無かったのですが、松本城を見に行くことにしました。

寝起きの目でPCをつけ7時のバスを予約する。

f:id:landscape33:20180813182247j:image

自宅の川崎市から東海道中央本線を乗り継ぎ新宿のバスタ新宿四階のバスターミナルへ。

f:id:landscape33:20180813182506j:image

すげー眠かったです…

 

7時5分発、混雑で予定より少し遅れて11時半に松本バスターミナルへ到着。

長野といえば信州、信州ときたらお蕎麦、ということで食べログで調べた蕎麦屋さんへ。

f:id:landscape33:20180813133047j:plain

野麦」さんです。
ほぼほぼ観光客であろう行列で一時間待ち。奇しくも大きな積乱雲が長野を覆い、断続的な雨が降り注ぐ中でした。

メニューはざるそばのみ。そばは本物(?)のざるの上に用意されています。
大盛1,200円。
お店で手打ち・手切されているらしいそばは細く、キリっと締まりのある味です。
信州の食感を堪能できました!

その後、念願の松本城を拝みに松本駅から北進。

f:id:landscape33:20180813140502j:plain



5層6階のものでは最古と呼ばれる天守。国宝です。
傾斜のある屋根は雪の多い寒冷地ならではの設計と言えます。
青空に松本城の黒漆は映えただろうので、天候が曇り気味なのがちょっと残念です。

f:id:landscape33:20180813141101j:plain

正面からの姿を一通り眺めた後、側面の埋橋(うづみばし)へ。
天守が築かれた安土桃山末期~江戸初期には存在せず、後から加えられた橋だそうです。
文化的価値が無いため補強されずに残されているそうですが、黒い天守との対比が綺麗でした!

  

 太鼓門。

f:id:landscape33:20180813143752j:plain


午後4時ごろ時点での、天守へ入場のための待ち時間はなんと90分・・・。

f:id:landscape33:20180813160627j:plain

行列中に撮った天守

 

f:id:landscape33:20180814152923j:image

中に入り、行列に並びつつ勾配の強い階段を登ります。曇り気味でしたが、最上階からしっかり連峰を見る事が出来ました。

 

f:id:landscape33:20180814153135j:image

f:id:landscape33:20180814153142j:image

個人的最も楽しみだった月見櫓からも、いい景色を見る事が出来ました!

 

f:id:landscape33:20180814153329j:image

f:id:landscape33:20180814153246j:image

最後に夕日をバックに松本城(眩しくてみづらい…)。

 

目的だった松本城を堪能出来て満足。

実物は流石に存在感がありますね。

 

f:id:landscape33:20180814153601j:image

 

シメに天ぷらを。

 

以上、ふと思い立って松本城を見るために長野へ旅立ったお話でした。

 

生産性を高める3つの方法

今日はもともと、バイクに乗って友人と長野は松本へツーリングへ行って、上高地松本城諏訪湖を周る予定だったのですが・・・。

長野の雨予報を見て本日は断念。
栃木の友人もバイクを濡らしたくないといって帰ってしまうしで、今日は一日中部屋にこもっていたのですが。

気づいたとき何も自分自身の将来に対して生産的な事が出来ないまま、時間は過ぎていました。
どんな人間にも一日は24時間与えられている、有限の時間を無駄に過ごしてしまった事を思い起こした時、軽い絶望に襲われてしまいます。

1.とにかく気をそらすものを生活から排除すること。
2.毎朝運動する。血液を体内で循環させる事で、生産的な活動に必要な酸素を脳に供給する。
3.ありとあらゆる欲望に「ノー」と言い続ける。

以上、3つを考えとして刻み込み行動できる自分へ改造を施すことを誓いました。

断捨離して一週間、感じたこと3点

先週、心機一転のため、プチ断捨離。
20万で買ったゲーミングPCを売り、読まなくなった本を売りました。

ゲームもする人間で、「また読むかも」と思っていた本もあったのですが、
結果的に断捨離してすごく良かったと感じています。

断捨離する事で、以下3点の効果を実感しています。

1.自室の景観が良くなる
2.自分の人生にとってプラスになるものだけが残り、QOLが向上する
3.掃除が断然しやすくなり掃除にかかる時間を他の時間に充てる事が出来る。

まだまだモノは溢れているので、また棚卸して第二回目も実施したいところです。

以上、私が断捨離して感じた3点についてでした。

房総半島ツーリング

今年のGWはアクアラインから房総半島西~南端を往復するツーリングへ行ってきました。

 

アクアライン(海ほたる)
午前8時頃には、「東京湾に浮かぶ人工島」が謳い文句の海ほたるで小休止。




富津岬(明治百年記念展望台)
房総半島の西側から東京湾を一望できる富津岬先端の展望台。
富士100景にも入っているとの事。

読みは「とみつ」でなく「ふっつ」であることを現地で教えられました。

③ばんや
有名な魚介料理店です。朝10時頃につきましたが既に行列ができており、1時間ほどで店内に入れました。
快晴に鷹が舞ってたりする、いい雰囲気の駐車場。


④保田小学校
廃校になった小学校の校舎を利用しているという、道の駅 保田小学校。
旧校舎でも見られるかと思いましたが、実際は結構綺麗に整えられた感じです。
道の駅なので、(ドライバー用の)休憩施設が充実しており、校舎2階にある多目的スペースにあるベンチで少しだけ昼寝させて頂きました。

ヤギに餌をあげたりできるようです。家族連れが多かった。

⑤州崎灯台
お昼から3時間ほどかけてほぼほぼ半島の南部に入り、館山市 州崎灯台へ
日頃の鍛錬が問われる階段を上る背中。

天気に恵まれ、灯台周囲も絶景。
ゆったりとしたいい時間を過ごせました。


⑥野島崎灯台
かなり楽しみにしていたのですが、暴風のため灯台見学は出来ず。
ただ、外観を見るだけで楽しめる灯台の美しさと、周囲の散策だけでも
旅一日目の終わりとしては十分なものです

濃溝の滝
宿で一泊し二日目8時半ごろに到着。
駐車場から滝までがいい感じに自然に囲まれて朝の散策も気持ちがいい。
上から。
滝の目の前で。
次回は朝日を水面に移す様を収めたいもの。


⑧かなや
前日に続き房総の魚介を食す。

再度アクアラインを経由し、2日間の房総ツーリングが終了。
本当に天候に恵まれ、良い旅になりました。
次は秩父あたりに行きたいところです。